少しでも安く借りたい

進学や就職などで新生活を始める場合に必要なのが賃貸物件を借りるという事です。

賃貸物件を借りる際に必ず発生するのが家賃です。

出来れば少しでも安く借りたいというのは誰しもが考えることです。

家賃というのは特に法律で決められているものではありません。

ですから、交渉次第では多少の値引きは可能なのです。

また、賃貸を借りる際には初期費用が色々とかかりますが、初期費用にも厳密な取り決めはありません。

もちろん初期費用に関しても値引きできる可能性はあります。

家賃交渉をしてみよう

家賃を下げてもらえると月々の支払いの負担が少なくなるのでぜひとも成功させたいですが、成功には下準備が必要です。

まず、自分が借りる部屋の周辺の鎮賃貸物件の家賃の相場を調べてみましょう。

もし、自分が借りようとしている部屋が周りの物件よりも家賃が高い場合は充分な家賃交渉の材料になります。

交渉の際は実際にその部屋が周辺よりも高いという証拠を提示できるような資料を準備しておきましょう。

もし、相場とそう変わらない場合は別の方法でアプローチします。

借りるという意思表示が必要

もし、周辺とそう変わらないか、安い場合は資料無しで直接交渉することになります。

この場合は実際の自分が支払える家賃の限界よりも少し低めで交渉しましょう。

例えば6万円家賃が支払えるのであれば、支払える限界が5万5千円だと告げ、5万4千円にしてくれたら契約しますと交渉します。

値下げ交渉のサイン最も重要なのは、交渉に応じてもらえればすぐに契約するという意思表示です。

意思表示することによって、真剣に交渉しているのが伝わり、不動産会社側も貸主に交渉しやすくなります。

引っ越しをする際に今では手軽にネットで探すことの出来るのが賃貸サイトです。最寄り駅や周辺情報、間取り図や部屋の内装の写真もたくさん掲載しており予算内でもいろんな物件を選ぶことが出来るようになりました。