北米スタイルの注文住宅が人気

注文住宅をつくるなら、和風建築も魅力ですが、近ごろは輸入住宅の需要も増してきているようです。特に米国やカナダからの、北米スタイルの注文住宅が増えています。北米スタイルの輸入住宅となると、外観がゴージャスで重厚感があり、手の届きにくい存在と思われてきたようですが、意外に低価格でも建てられ、それならば、と選ぶ人が増えつつあるようです。北米の住宅は映画やテレビなどで見慣れていますから、馴染みやすい面がありますよね。

輸入住宅なのに低価格な理由

北米スタイルの輸入住宅は、外観が豪華であることもあって、高額なイメージがありますが、意外に費用は安く済むみたいです。特にカナダは人件費が日本よりは安く、木材価格も安いため原価が低くなり、輸入の移送費を入れても、そう高額とはならないようです。しかも工場であらかじめ規格に沿って整形してから船積みされますので、輸入したあとはパズルのように組み立てるだけです。それほど高度な技術がいらないから、建築費がそうはかからなくて済むようです。

断熱性、耐震性にも優れ

気温の変化が激しく、日本より厳しい気候の地域で採用されてきた工法だからでしょうね。気密性と断熱性に優れているようです。窓が2重になっているのは当然の仕様みたいで、結露が防ぎやすいのはうれしいですね。米国でも以前、サンフランシスコ大地震とかあり、地震がない国では決してないわけですから、耐震性も重視されてるようです。高値の花と思われていた北米輸入住宅が、どんどん身近なものになっているようですので、注文住宅をつくる際は、選択肢のひとつにしてもいいかもしれません。

足立区の注文住宅で納得したいなら、工務店に工期や費用の見積もりを依頼することが大切です。見積もりは無料ですから安心です。