マンション経営は節税効果あり?!

マンション経営をすると、都市計画税や固定資産税、相続税の節税に効果があります。土地を所有している場合でも、マンションを所有している場合でも固定資産税と都市計画税は徴収されます。しかし、更地を所有している場合、課税標準額に対して固定資産税は1.4%、都市計画税は0.3%も課税されます。しかし、更地にマンションを立てることによって固定資産税は6分の1になり、都市計画税は3分の1に減るのです。また、建築物を所有し、賃貸しているものの場合は、貸家権割合が適応されるので、相続税が減るでしょう。

有効な土地活用に?!

先祖代々引き継がれている土地を所有している場合、土地を売ってしまわずに、子供や孫の代まで引き継いでいきたいと考えるでしょう。しかし、土地が更地であったり、駐車場である場合、固定資産税や都市計画税が多くかかってしまうため、所有している事に負担を感じてしまいます。そのため、マンションを立てることによって税金が節税されるので、土地を所有している事への負担が少なくなるでしょう。また、収入も得られるものなので、子供や孫も引継がれた時に収入となるので良いと感じられます。

私的年金の確保になる?!

将来、十分な年金が貰えなくなる場合が考えられます。加齢によって、働けなくなってしまった時に、収入が年金だけでは厳しいと感じる事もあります。しかし、マンション経営の場合、毎月決められた金額が、家賃として支払われるので、収入が途絶えてしまうことがありません。また、マンション経営は株式投資のように収入に左右されないものなので、資産が減ってしまうというリスクもありません。安心して老後を迎えられるでしょう。

マンション経営は投資なのでもちろんリスクは伴いますが、中長期的に見ると、ローン完済後も一定の収入が得られるので非常に安定的な投資であると言えます。